パーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーニングとはマンツーマンで教わるトレーニングのことです。お客様一人に対してパーソナルトレーナーが付き、一人ひとりに合わせた指導を受けることが出来ます。もともとはプロのスポーツ選手やモデル向けに行われていたパーソナルトレーニングですが、近年のフィットネス需要の高まりから一般の方でもパーソナルトレーニングを行う方は増えてきているのです。パーソナルトレーニングは年齢・性別・職業を問いません。またその目的もダイエット・運動不足解消・リハビリなど様々です。パーソナルトレーナーは個人個人のニーズに合わせてメニュー作成・トレーニング指導から日々の食事管理まで、より効果的にトレーニングを行うことが出来ます。パーソナルトレーナーは運動生理学・解剖学・栄養学などをもとにマンツーマンで指導を行ってくれます。トレーナーの資格は国家資格ではなく団体が発行しています。健康運動指導士・健康運動実践指導士・認定パーソナルトレーナー・NSCA・認定アスレティック・トレーナー・認定パーソナルトレーナー・認定パーソナルトレーナーといった資格を取得して指導にあたるトレーナーが一般的です。パーソナルトレーニングの社会的需要は大きく、急速な広がりをみせているので、それに応えるべく、優秀なパーソナルトレーナーが養成されていく必要があります。そのためにプ口の優れた技術が伝えられていくことが.重要ですが、同時に志のある、優秀な人材が集まることも必要です。パーソナルトレーナーの仕事は、クライアントの充実した生き方に関わる、とてもやりが、いのある仕事です。これからますます重要になるこの職業に、志のある人たちが集まってほしいと願います。日本では小学校以降の体育の授業や部活などでほとんどの人がスポーツを体験します。一方、フィットネスについては、小・中・高ー大学で体験することは非常に少ないでしょうし、フィットネス的な視点で自分の体と向き合うという経験もほとんどの人がないのではないでしょうか。そうした教育環境のなかで育つからこそ、スポーツの指導者(監督やコーチ、ストレングス&コンディショニング・コーチ、アスレティックトレーナーなど)としてプ口になりたいと考える人が多いのではないかと思いますが、日本では監督やコー
チをプ口としてやっている人は非常に少ないし、ストレングス&コンディショニング・コーチも同様です。
アスレティック トレーナーについては、その仕事だけをプ口としてやっている人はもっと少ないといえるで
しょう 。ビジネス的な予測をすれば、日本では競技スポーツのプ口の指導者はこれからもそれほど増えるとは考え
られません。少なくとも、急速に増えるという可能性はほとんどないといえるのではないでしょうか。一方、
フィットネス分野のパーソナルトレーナーは、プ口として活動する人たちがこの 2 ,3年で急速に増えてい
ます 。これからさらに増えていく可能性は大きいと考えられます。だからこそ、競技スポーツ分野を中心に
大学や専門学校で勉強している人たちには、パーソナルトレーニングの分野、パーソナルトレーナーという
プ口の仕事に目を向けてほしいと思います。