パーソナルトレーナーになるには

パーソナルトレーナーのなるには団体が発行している資格を取得することから始まります。資格にはさまざまな種類があるため自分に合った資格を取得する必要があります。フィットネスクラブでトレーナーとして働く場合はジムによって公認されている資格が異なります。NSCA,NESTA,JATI,ATは一般的ですが、あらかじめチェックしておくといいでしょう。資格取得のためには勉強が必要です。筆記試験以外に実技試験が課される場合があります。参考書・問題集だけでなく講習会などに参加して実技の対策をしておくといいでしょう。パーソナルトレーナーは学歴も経歴も問いませんが、パーソナルトレーナー養成スクールに通うのもおすすめです。養成スクールに通うことで短期間でパーソナルトレーナーに必要とされる知識や技術を習得できます。中にはスクールに通うことで資格を取得出来たり、トレーナーとしての就職をサポートしてくれたり、マンツーマンで指導してくれる講座もあるのでスクールを比較してベストな講座を見つけましょう。