体幹トレで解消する5つの症状

○冷え&むくみ・・・下半身や体の末端に老廃物がたまったり、血行不良にになることで起こる、冷え&むくみ。体幹トレーニングで、心臓から流れた血液を全身に送る腹部の中心の大動脈を刺激し、又末端の血流を良くすることで、全身の血流アップを促します。

 ○肩こり・・・重たい頭を支え、腕の重みもかかっている首や肩は、立った状態だと緊張が解けないもの。頭の重みを支えなくてよい寝たままの状態で、簡単に、軽く、首や肩周りの筋肉を動かすことで、血流をアップさせて、肩こりが解消する。

 ○腰痛・・・腰痛の原因は、筋肉の柔軟性の欠如と、筋力のバランスが崩れていること。筋肉が硬くなると、血流が悪くなり、腰痛を引き起こします。また筋力のバランスが悪いと腰に負担がかかり、腰痛になります。体幹トレーニングで整えれば解消されます。

 ○不眠・・・心身をリラックスさせるときに働く副交換神経を、体幹トレ―ニングで刺激する事で、心身の緊張をほぐして、安眠へと誘います。静的なストレッチで体内に酸素を取り込み、固まった筋肉や関節が伸びると、心も体もリラックスできます。

 ○便秘・・・腹圧を高めて内臓を刺激するドローインと外部からの手による大腸マサージで今まで意識出来ていなかった内臓が意識され、動きが活性化さし、便秘も解消されます。動きが鈍くなっているところを活性化させるのが体幹トレーニングです。