膝の悪化について

変形性膝関節症の発生の経緯を聞くことは重要である 。多くの場合、膝の変形は痛みが生じる前に進行している 。痛みが発症した際の動作は、引き金に過ぎない。したがって他の傷害と異なり、痛みの発生以前の膝の状態、ケガの既往や筋力、大腿部の太さなどの変化についてクライアントから聞き取る必要がある。一般的に過去に膝を痛めたことがある場合、膝の悪化は進みやすい。また膝の痛みをかばって歩くことで、腰や足首、すねの筋肉に痛みや違和感を持つようになることも多いので、他の部位の異常についてもチェックしていく 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です