運動指導者としての立場をクライアントに明確に伝える

パーソナルトレーナーは医師ではなく、あくまでも運動指導者であり、クライアントカf行うトレーニングをサポートする立場にある。パーソナルトレーナーは、このことをクライアントに明確に伝えておかなければならない。

実際の指導現場では、クライアントが誌にもすがるかのようにパーソナルトレーナーに頼ってくることも多い。そのようなj犬況では、クライアントはパーソナルトレーニングが治療行為であるというような誤った認識を抱き、パーソナルトレーナーに依存してくることも少なくない。もちろん、パーソナルトレーナーが是供するトレーニング( リコンデイショニングプログラム )によって、身イ本のトラブルや痛みの多くが解消するが、リコンデイショニングプログラムに対する身体の反応には個人差があり、提供したプログラムによって誰でも確実に身体のトラブルや痛みが解消できるとはいい切れない。従って、クライアン卜に対して過度な期待や依存心を抱かせないように、パーソナルトレーナーは運動指導者であることを明確に示し、その旨を以って同意書を取り交わす必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です